これからの東京個別「持続的な成長回路の実現を通じ、社会的企業価値の向上を目指す」

当社は、2016年2月期を初年度とする3ヵ年の新たな中期経営計画を策定いたしました。この計画によって持続的な成長回路の実現を通じ、社会的企業価値の向上を目指してまいります。

中期経営計画「Dynamic  Challenge  2017」における重点戦略

新中期経営計画「Dynamic Challenge 2017」は、当社の強みを一層強化するための重要実行施策を確実に遂行することで、持続的な成長による社会的企業価値の向上を果たし、未来を生きる子どもたちの「自立」と「共生」を育むことを目的とする計画です。

Dynamic Challenge 2017

重要実行施策1  【ドミナント × サービスポートフォリオ】

① 都市部ドミナント戦略×サービスポートフォリオ拡充

② 個別指導事業の出店強化

③ マーケティング戦略

重要実行施策2  【講師力を軸とした教育力の強化】

① 30年の経験と直営の強みを生かした採用・研修

② 進路指導力・教育力の強化

重要実行施策3  【ベネッセ連携による効率化と付加価値向上】

高付加価値を生み出すグループ連携

重要実行施策4  【経営基盤の強化・効率化】

① 人財戦略の深化

② 持続的成長のための生産性向上

財務戦略

業績が堅調に推移するとともに財務基盤も安定したことを踏まえ、株主の皆様への利益還元の更なる充実を図るために、2016年2月期以降の配当につき、『配当性向50%以上』を目標とすることといたしました。

ページの一番上へ